トラック買取一括査定 > トラック買取する前に

トラック買取する前に

トラックの運行管理における重要性

トラックの運行管理とは? トラックの運行管理は、過積載と過労運転の防止を目的とした事業者、運行管理者、乗務員、運転者に義務付けられた基本項目です。 例えば、これからトラック運転をする乗務員の場合は、疾病、飲酒、疲労などによって安全な運転が難しい場合は、その旨を事業者側に申し出る義務があります。 またトラック乗務が終わって他のドライバーと交替をする際には、その運転者に対して乗務を通して気づいた道路やトラック、運行状況などを伝えることも必要となりますので、社内の円滑なコミュニケ

日本国内におけるトラックの寿命とは?

長距離トラックの寿命は10年 NOX規制の影響により、現在のトラックは10年が安全走行の限界値と考えられるようになりました。 そんなトラックの走行距離という角度から業界の実情を分析してみると、70万キロ~100万キロを超えても元気に現役として走っている車両も存在するのです。 また長距離トラックの場合は、「たくさんの距離を走行すること」を想定して開発や製造が行われていますので、一般車両の10倍を超える走行距離であっても、「まだまだ現役で活躍できる車種もある」と捉えて良いでしょ

トラック協会に加入するメリット

各種助成制度 トラック協会に加入すると、トラックの安全運行に欠かせないさまざまな助成が受けられます。 特に交通対策に力を入れているトラック協会では、交通安全に欠かせないドライブレコーダーやデジタコ、衝突被害軽減ブレーキなどの購入にかかる費用の一部を助成する制度も設けていますので、安全とコスト削減に悩む企業にもおすすめ度の高い存在です。 また制度の中には睡眠時無呼吸症候群や突発性運転不能疾患といったドライバーの健康面にかかる一部助成制度も用意されているため、少ない経費負担で心

クレーンの年次点検記録 書き方ガイド

クレーンには自主検査が欠かせない 工場や工事現場などでクレーンを使っている業者は、整備不良による災害トラブルを未然に防ぐために、月次と年次で点検記録簿を使った自主検査を行わなければなりません。 自主検査の対象となるのは、「つり上げ荷重0.5トン以上の全てのクレーン」、「つり上げ荷重0.5トン以上の全ての移動式クレーン」、「その他、クレーン等安全規制の適用を受けるエレベーターや建設用リフト、簡易リフト、デリック」となります。 日本クレーン協会が実施している「定期自主検査者安全教育

タイヤチェンジャーとは?

タイヤチェンジャーとは? タイヤチェンジャーは、タイヤとホイールの組み合わせ装着時に使う機械の総称です。 タイヤチェンジャーを使うと人の力だけでは難しいタイヤのホイール装着が簡単になるため、タイヤショップや車の整備工場などで多く使われる機械となっています。 複数のペダルが付いているタイヤチェンジャーは、上手に使うために熟練のテクニックを要するマシンの代表とも言われる存在です。 選ぶペダルや使い方を間違うと大怪我などのトラブルを起こすこともありますので、熟練度の高いスタ

トラックの燃費の良い運転 まとめ

急発進や急停車をしない トラックの燃費を良くする運転は、急発進や急停車をしないことが基本になると言われています。 一般の自動車と比べて遥かに重量のあるトラックは、無理な発進や加速をすることで20%もの燃費が悪くなりますので、注意が必要です。 また急発進や急停車はタイヤの摩耗にも繋がるNG習慣となりますので、トラックにかかるコスト全般を抑えるためにも、さまざまな意味で余裕を持った運転が必要だと言えるでしょう。 スピードの上げすぎもNG 高すぎるスピードで運転し

中古市場でも人気の高い強化ダンプとは?

強化ダンプとは? 強化ダンプは、6mmの床板を使うことで荷台を強化しているダンプの総称です。 アオリを支えるための支柱が付いている強化ダンプは、小型であっても3~4tもの積載量を確保することが可能となっています。 ダンプトラックに積載される砂や岩には、床板を削りながら滑り落とされるという難点があるため、長年の使用で床板に穴を開けないようにするためにも、強化ダンプの導入は事業者に大きなメリットをもたらすと言えるでしょう。 強化ダンプの見分け方とは? 横から見た

トラックの車検証はどこに保管すべき?

トラックの車検証はどこに保管すべき? トラックなどの自動車を運行する際には、「有効な自動車車検証」とともに「自賠責の保険証」を携帯することが義務付けられています。 有効な車検証を携行せずにトラック運行を行った場合は、ドライバーが50万円以下の罰金の処せられるルールとなっているため、注意が必要です。 特にダッシュボードのないトラックの場合は、ドライバーのプライベートな荷物を下ろしたタイミングで車検証も一緒に持ち出すケースも多く見受けられますので、トラブル防止として「共通の車検

トラックの危険物輸送で必要な書類とは?

車両を使った危険物輸送には2つの方法がある? 車両を使って危険物を輸送する方法には、トラックなどの車両を使った「運搬」と、移動タンク貯蔵所を使った「移送」の2種類があります。 トラックを使った運搬は危険性が高いため、指定数量未満でも消防法の規制を受ける形となります。 これに対してタンクローリーを使った移送の場合は、「危険物取扱者を乗車させること」と「危険物取扱者は免状を携帯すること」が義務付けられているのです。 危険物輸送をトラックで行う際に備え付けるべき書類とは

ラジエターの仕組みと修理料金とは?

トラックのラジエターの場所・役割とは? トラックの前方に搭載されているラジエターは、エンジンの熱を冷却するという役割を担うパーツです。 ラジエターが効率よく活躍するためにはエンジンルームに風を効率よく流すことが必要となるため、トラックの前面にあるグリルは「ラジエターをサポートするような構造」になっているのです。 また昼夜問わずたくさんの荷物を積んで走り続けるトラックの場合は、一般の普通自動車と比べて遥かにエンジンが熱くなりやすい傾向もあるため、「働く車ならでは」とも言える設

書類を紛失してもトラック買取は可能でしょうか?

トラックの買取をする際にはたくさんの書類が必要 トラックの買取業者に査定依頼をする際には、車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、印鑑登録証明書、譲渡証明書、委任状といったたくさんの書類が必要となります。 これらの書類がひとつでも欠けるとスムーズな売却手続きが進められなくなりますので、業者に問い合わせをする前に「必要書類がきちんと揃っているか?」の確認をしておくことが理想と言えるでしょう。 もし自動車納税証明書を紛失してしまった時には、最寄りの陸運局近くにある自動車税管

トラックのパーキングブレーキの仕組みとは?

トラックのパーキングブレーキとは? 大型トラックには、中期安全ブレーキ規制に対応したホイールパーキングブレーキが採用されています。 センターブレーキ式に代わる存在として採用されたパーキングブレーキは、前輪を制動するために乗用ブレーキを作動する仕組みです。 バルブの操作によってブレーキチャンバのエアが排出されると、解放されたスプリングの力によって強力な制動力を発揮できるシステムとなっています。 このような仕組みにより、トラック業者の間ではスプリングブレーキ式と呼ばれ

トラックタイヤの規格 プライレーティングとは?

プライレーティングとは? プライレーティングは、トラックなどの貨物車両用タイヤのみに表示が義務付けられている耐荷重強度指数の呼称です。 たくさんの荷物を運ぶトラックは、車両本体を含めたたくさんの重量がタイヤにかかる特性があるため、古い時代から「プライ」と呼ばれる木綿の布を巻いて強度を高める工夫が行われていました。 工業技術が発達した今の時代は、木綿の布の代わりにポリエステルやナイロンといった強度の高い素材が使われるようになりましたが、プライレーティングという考え方はタイヤの

増車申請の書類はコピーでも大丈夫でしょうか?

増車申請とは? トラック事業者がトラック台数を増やす際に行う手続きを、増車申請と呼びます。 貨物自動車事業法 第9条第3項に基づいて行うこの申請は、トラックの台数を減らす際にも必要な手続きです。 この手続きを怠った業者は、トラックの廃車や名義変更手続きを国土交通省に受け付けてもらえなくなりますので、増車または減車をする際には、必ず5日以内に行う届け出を忘れないようにしてください。 増車申請の書類はコピーでも大丈夫? 増車申請の書類の中でコピー可とされているものは、「中古車の

トラック買取時に必要な書類

通常トラック買取時に必要な書類は、次のとおりです。   1.委任状 名義変更時に業者が登録代行をする際、必要となります。実印での捺印が必要です。 ≫委任状のダウンロードはこちら   2.譲渡証明書 売買が成立し、車輌を譲渡する際に必要になります。実印での捺印が必要です。 ≫譲渡証明書のダウンロードはこちら   3.自賠責人保険証 この自賠責任保険は、日本の法律の損害賠償法に基づいており、事故時に国が自賠責任保険の規定に沿った

トラックの税金について

自動車を所有している人に必ず降りかかってくるのが自動車税です。分かってはいても5月になると憂鬱になるものです。5月はGWも重なり、イベント等の出費は避けられません。GWが関係ないなら良いのですが、税金は金額が決まっていますから早めに費用を知っておく必要があります。 では、トラックの税金って一体どのくらいかかるのでしょうか? 自動車は総排気量で税金が変わりますが、トラックは最大積載量で自動車の税金が決まります。つまり、最大積載量が大きい程、税金は上がるという事です。 自家用ト

中古トラックを高く売る秘訣

経年劣化などによる汚れや痛みに関しては仕方ないことですから、さほどマイナス要素にはなりません。中古トラックを高値で売るポイントとしては、汚れたままの状態ではなく可能な限り清掃等を行い、綺麗な状態で査定に出すことなのです。   例えば高値で売却されることで有名な中古トラックであっても、汚れがついたままの状態で売りに出してしまいますと、印象を悪くしてしまいます。無理のない範囲内で綺麗にして売り出すことこそ、高額売却の可能性に繋がります。   売却前に外装の

様々なケースのトラック買取

トラックを売るなら専門の業者に頼んだ方が良いでしょう。しかし、どの業者が良いのか迷うところですが、その前に自分のトラックの状態も心配です。 トラックはそれぞれの理由があって売るのですが、その中でも走行距離が多い、年式が古い、車検切れ、バッテリー上がり等が多いのではないでしょうか。 でもそれだと高くは売れないだろう…最初から諦める必要はありません。その理由は、どんなにボロボロの状態であっても海外では日本のトラックは優れているとされているからです。日本の車は、どの国からも人気があります。

トラック買取 相場

長年愛用したトラックを手放すとき…いつか必ず訪れます。 きたるべき時に、納得のいく別れが出来るように、売却時のポイントをご紹介します。 1.下取りNG!? 購入したディーラーや一般の自動車買取店では、高く買い取ってもらえません。 その理由は… 1. 取引台数が少ないため、相場が確定していない。 2. 上物の形状で価値が全く違う。 この二点が挙げられます。 つまり「相場がない」とも言えます。 トラック一台一台に見合った買取金額が付けられているのです。 2.売却時

事故車の買取について

事故を起こして乗らなくなってしまったトラック…あなたの向上の端で邪魔な存在になっていませんか?修理をしたくてもトラックの修理はかなり高額になりますので、安易にお願いすることもできません。廃車手続きの料金も馬鹿になりませんよね。使い物にならなくなったトラック実は買取をしてもらうこともできるのです。今回の記事では、事故車や廃車の買取についてご紹介していきたいと思います。 【廃車の買取はどんなトラックでも大丈夫?】 廃車の買取と言っても、ある程度動かないと買取してくれないんじゃないかと思っ

故障車の買取について

大きなトラック。重さもある分、事故を起こした時などは大きな存在となってしまいます。現役で使っていたトラックも、不慮の事故で故障車となり使えなくなってしまうことも…でも、持っている限りはトラックの維持費用を払う必要があります。使いもしないトラックに大量のお金を払う…そんなにもったいないことはありませんよね。そこでお勧めしたいのがトラックの買取サービス。事故車や故障車であっても買取してもらえるところが多くなっていますので、まずは見積もりからスタートしてみてはいかがでしょうか? 【故障車でも高価

トラックの買取額と走行距離

トラックの買取をしてもらうとき、もちろん走行距離が少ない方が高価買取してもらいやすくなります。特に気を付けておきたいのが「走行距離の台替わり」。これは一万メートル基準での走行距離のことを指し、例えば一万台と二万台では大きく金額が異なります。当然のことを言っているように感じるかも知れませんが、例えば19999キロメートルのトラックと20000キロメートルのトラックであったら、たった少しの違いで買取金額10万円単位で異なってくることもあります。特に新しい車種などになってくるとこれが顕著に表れますので

事故車と修復歴車の違い

トラックの状態によって、事故車と修復歴車と分かれることがあります。事故車の方が買取金額が安くなり、修復歴車の方が若干買取金額が高くなるのが一般的です。この二つの明確な違いについて説明できる人は少ないでしょう。今回の記事では、事故車と修復歴車の違いについてご紹介していきたいと思います。今後、中古のトラックを買う、トラックを売るという人は是非参考にされてみてください。 【修復歴車とは?】 修復歴車の定義は以下のように指定されています。 交通事故やその他の災害により 自動車の骨格等

中古トラックの選び方

トラックを買いたいけど、新品を買うほどの金銭的余裕がない… そんな経営者の方もいるでしょう。車と同じように、トラック市場にも中古市場があります。中古トラックの市場はますます拡大しており、多くのトラックを見つけることができるはずです。日本製のトラックは性能がいいためそこまで大きな問題はありませんが、販売する業者によっては、表示を偽ったり、事故車を事故車でないように見せ販売していたりするような悪質なところもあります。そういったところに引っかからないように、中古トラックの上手な選び方についてご紹介し

トラックの維持費

トラックを買いたいと思っている人も多いでしょう。事業用、個人用などでも利用しようと考えている人がいるはずです。でも気になるのがトラックの維持費用。なんとなくトラックの維持費用は相当高いといったイメージを持っている人もいるかもしれません。乗用車に比べると規格も大きいですし、様々な費用が掛かりそうに感じます。では早速、トラックの維持費用はどれくらいかかるのかについて見ていきたいと思います。 【かかる維持費用の一覧について】 トラックを確保しようと思った時、以下のようなところに費用が掛かる

購入とリースのメリット・デメリット

最近、社用車をリースに出すところが多くなっています。その流れはトラック業界にも押し寄せており、自社のトラックを持たずにリースをしているところも多くなっているようです。このリースと購入。いったいどちらがお得でどちらが損をしてしまうのでしょうか?今回の記事では、トラックのリースと購入のそれぞれの一長一短についてご紹介していきたいと思います。今後トラックを持とうと考えている経営者の方は是非参考にされてみてください。 【リースのメリットとデメリット】 費用面で言うと、リースは毎月での支払にな

トラック新車購入の秘訣

新車のトラックを購入する際、少しでも安くしたい!と思う人もいるでしょう。しかし、中古車と違い新車での値引きなどはかなり厳しくなっています。では、新車を安く買うのはあきらめるしかないのでしょうか?いえいえ、いくつか方法があります。すべてが必ず有効になるというわけではありませんが、参考程度に覚えておいてください。今後トラックを購入する予定がある、新車で購入する予定があるという人は特に注目です。 【トラックを買う時期を考える】 トラックを購入する時期。もしそこまで急ぎでないなら、ディーラー

トラック購入の手順

トラックを購入する場合、新車、中古と選ぶことができます。最近はより安い中古のトラックが人気となっているようです。この中古トラックを購入する場合、どのような手順で行えばいいのでしょうか?今回は中古トラック購入の手順について簡単な流れをご紹介していきたいと思います。これから先、中古トラック購入予定のある方は是非参考にされてみてください。 【まずはお店選びから】 トラックを購入する際、どこの販売店で購入するかを決める必要があります。トラックのみの販売をしているお店もありますし、乗用車も販売

中古トラックの海外輸出

最近トラック買取について、特にインターネットサイトを中心に情報を見るようになってきました。このトラック買取に関してですが、どうしてこうも古くなったトラックを買取する業者が多いのでしょうか?実際に日本国内でも必要になるとは思いますが、それだけでは足りないようにも感じます。トラック業者が買い取ったトラック。実は、海外にも輸出をしているのです。中古トラックの海外輸出を事業にしているところも多くあります。今回の記事では、中古トラックと海外輸出についてご紹介していきたいと思います。 【トラックを買い

スペアタイヤを交換する方法

乗用車と違い、重量も大きさもあるトラック。自社でトラックを持っている人も多いでしょう。トラックの場合、通常の車と比べてタイヤの量も大きさもかなり変わってきます。実際に路上でパンクをしてしまった時、スペアタイヤに交換する必要も出てくるでしょう。もちろん、自分でできるようでしたらそれも問題ありませんが、トラックのスペア交換は危険度も高くなりますので、業者に任せてみるのも良いかもしれません。今回の記事では、スペアタイヤの交換方法についてご紹介していきたいと思います。 【スペアタイヤを自分で交換す

軽トラック 買取

「農道のポルシェ」の愛称で親しまれてきたスバル・サンバーが2012年2月に生産を終え、50年に渡るスバルの軽自動車の歴史に幕を降ろしました。   スーパーチャージャー付き四気筒エンジンを車体後部に搭載し、4輪独立懸架サスペンション等、軽トラックとは思えない贅沢な装備を誇った個性派軽トラックでした。この車の終了で、過給機付きエンジン搭載の軽トラックも無くなってしまいした。   低価格が魅力の一つの軽自動車ではありますが、その一方で軽トラックには各社各様の

トラック買取電話

トラック買取依頼をする際に、電話での買取依頼を行っている買取業者であれば、まず電話をしてみると良いメリットもあります。もちろんインターネットでの買取依頼も便利なものがあります。電話での買取依頼も同様です。それぞれ異なったメリットがありますね。   電話で買取依頼をすると、買取業者によってはインターネットでの買取依頼をした時より、連絡などの手続きがスムーズに行く場合があります。分からない事や聞きたい事などの質問もその場で聞く事が出来るし、簡単なものであればその場で返答をもらえ

トラック買取 見積もり

あなたの持っているトラック、いろいろな買取業者で見積もりを取っているかもしれません。 でもその電話をすることで、売るつもりもない業者からしつこい電話が四六時中かかってきたり、いらないDMがたくさん届いたり…こういったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。 ただでさえ忙しいのに、こういった営業の相手なんてしている暇ありませんよね。 今回は、このサイトでもできる一括見積もりについてご紹介していきたいと思います。 【とっても便利な一括見積もり!】 通常、見積もりをする場合、

トラックの買取方法

トラックや重機。ものによっては1000万単位もする高価なものもあります。 こういった商品を購入した時もいつかは手放すときが来るでしょう。事業からの撤退も考えられますし、単に機械が古くなって販売をしないといけないことも考えられます。 今回ご紹介するのは、いらなくなったトラックの買取方法。 いろいろなサイトで口コミや評判が投稿されていますが、いったいどういった情報を信じて、何を基準にして情報を集めればいいのでしょうか? 今回はこのトラック買取についてご紹介していきたいと思います。

あなたのトラックも最高値で売ろう

一括査定スタート

ページトップへ戻る

売却しようとお考えのそのトラック。様々な買取業者に見積もりを取っていますか?同じトラックであっても買取業者によって買取金額は驚くほど違うことをご存知でしょうか。1社だけにお願いするのではなく、比較検討したことにより60万円も高く売れたなんてことも頻繁にあります。 少しでも高く売りたいとお考えの方はとっても便利な『トラック買取一括見積もり!』をご利用下さい。当サイトが厳選した、 安心できる買取業者のみから見積もり比較ができます。

複数の買取業者に査定依頼することが高額査定の決め手!!

大手トラック買取業者ランキング

1位

トラック王国

11110.5総合評価:4.29点

  • 電話・メール4.13
  • 見積り対応4.17
  • 作業員4.43
  • サービス4.44

2位

トラック買取.com

11110.5総合評価:4.28点

  • 電話・メール4.14
  • 見積り対応4.15
  • 作業員4.40
  • サービス4.44

3位

ガリバー

11110.5総合評価:4.25点

  • 電話・メール4.149
  • 見積り対応4.20
  • 作業員4.33
  • サービス4.29

トラック買取の専門業者に売却するのが安心安全確実です

海外への独自売却ルートがあるため高額買取が可能。

海外は日本の技術が優れている事を知っています。どのような状態(走行距離が長い、年式が古い等)であっても高値で買い取ってくれれます。
そのため高値で売りたいなら海外がオススメです。日本車は最も人気がある車ですから、その中でも発展途上国は需要がある為トラックを必要としています。 勿論、国内での買取もありますが、海外ルート等がある独自のルートが確立されたトラック買取業者なら高額査定も夢ではないでしょう。

即日現金払いが当たり前。

当サイトと提携している業者の殆が即日現金払いと掲げています。直ぐに現金が欲しい方も多いかと思いますが、即日現金払いをしてくれることで、新車のトラックを購入する際の大切な資金にもなりますよ。また、買取をお願いした後だと本当に振り込まれるか不安といった方でも安心できるサービスです。
もちろん、廃車寸前のトラックでも買い取ってくれるので気になる方はまず支払い方法を聞いてみるようにしましょう。

面倒な各種手続きも素早く対応。

手続きと言うと委任状や譲渡証明書、印鑑証明書等の複数の書類が必要になります。売れてもそれだけは、面倒だと誰でも思うでしょう。
しかし、殆どの業者はこの面倒な手続きを代行してくれるから安心です。勿論、手続きの際の書類を準備する必要はありますが、 それだけで手続きを行ってくれるならその負担は軽いものです。分からない事があっても丁寧に詳しく教えてくれるので安心です。

一括査定スタート

ページトップへ戻る

当サイトをおすすめする理由

トラック買取 一括査定・見積もり比較なら、簡単な項目を入力するだけであなたの中古トラックを一括で複数の会社から買取価格を比較ができてしまいます。インターネットならでは、24時間いつでもあなたの空いた時間に最速たったの1分の入力でOK!

トラック買取 一括査定・見積もり比較を利用すれば一回の入力で同時に複数の買取業者からあなたのトラックの査定の依頼を行えます。あとは各社の査定額を比較して、一番高い買取会社を選ぶだけ!入力後すぐに概算の最高額も分かります!

トラック買取 一括査定・見積もり比較は、誰もが知ってる有名一流買取業者から全国から厳選したこだわり派も納得の専門業者まで、幅広くトラックの査定額を見積もることができるので、初めてで不安なあなたも安心して中古トラックを買取に出すことができます。

安心のトラック買取実績

あなたのトラックも最高値で売ろう

一括査定スタート

ページトップへ戻る

ご利用の流れ

トラック・重機の形状一覧

トラックの車名一覧

トラック買取依頼する前に

トラックの運行管理における重要性

トラックの運行管理とは? トラックの運行管理は、過積載と過労運転の防止を目的とした事業者、運行管理者、乗務員、運転者に義務付けられた基本項目です。 ・・・


日本国内におけるトラックの寿命とは?

長距離トラックの寿命は10年 NOX規制の影響により、現在のトラックは10年が安全走行の限界値と考えられるようになりました。 そんなトラックの走・・・


トラック協会に加入するメリット

各種助成制度 トラック協会に加入すると、トラックの安全運行に欠かせないさまざまな助成が受けられます。 特に交通対策に力を入れているトラック協会で・・・


クレーンの年次点検記録 書き方ガイド

クレーンには自主検査が欠かせない 工場や工事現場などでクレーンを使っている業者は、整備不良による災害トラブルを未然に防ぐために、月次と年次で点検記録簿を使・・・


トラック関連の面白コンテンツ

トラックドライバーの眠気対策!話題のウェアラブル端末って何?

最新の眠気解消グッズ!話題のウェアラブル端末とは? メガネやリストバンド、腕時計などによってハイテク機器を身に着けることを「ウェアラブル端末」と呼んで・・・


トラガールが東京オリンピックの物流を引っ張る!

東京オリンピックに向けて増殖!トラガールとは? トラガールとは、女性トラックドライバーの愛称で、「トラガール促進プロジェクト」というサイトが国土交通省・・・


シガーソケットで使える車内掃除機!おすすめ4選!

車内掃除機(カークリーナー) 長距離走行の多いトラックは、乗用車以上に室内が汚れています。 このページでは、シガーソケット接続で使える便利な車・・・


トラックのナビにも使える!便利なiOSマップアプリをご紹介!

トラックドライバーおすすめ!マップ系アプリ3選 スマートフォンアプリが進化した現在では、カーナビを購入せずにアプリで代用する方々が増えてきています。 ・・・


一括査定スタート

ページトップへ戻る