車種

散水車の買取について

散水車とは? 散水車は、散水装置を備えた車両の総称です。 昭和30年代までの日本では、未舗装の道路がほとんどだったため、砂塵防止目的でたくさんの散水車が稼働をしていました。 幹線道路の舗装が整った今の時代は、昔のように「道路に水を撒く」といった用途は少なくなりましたが、道路やトンネル内の清掃や凍結防止剤の散布、アスファルト冷却などの目的で散水車が活躍しているのです。 また中国では道路に落ちているゴミを路肩に吹き飛ばす目的で散水車が使われているため、この車両のニーズには

家畜運搬車の買取方法

家畜運搬車とは? 家畜運搬車は、その名のとおり牛、豚、鶏などの家畜を輸送するために使うトラックの総称です。 家畜という生き物を乗せる家畜運搬車には、新鮮な空気を荷台に届けたり、換気扇やエアコンといったさまざまな機能が搭載されています。 また近年では、床板を押し上げることによって2段に渡って豚や鶏を輸送できる昇降式家畜運搬車も登場していますので、「どんな家畜を何頭運搬するのか?」というニーズに合ったトラックを選べる時代が到来していると言えるでしょう。 オリジナルトラック

コンクリートポンプ車の形状とは?

コンクリートポンプ車とは? コンクリートポンプ車は、建築現場や彩災害現場にてコンクリートの圧送を行う建設機械の総称です。 ブーム車と呼ばれるコンクリートポンプ車は、折りたたみ式のブームを架装することで離れた場所にフレッシュコンクリートを圧送できる種類です。 これに対して配管車と呼ばれるタイプは、ブームを持たずに直接配管からフレッシュコンクリートを圧送する形となりますので、現場の状況や建造物の種類によって車両を選べるラインナップがコンクリートポンプ車の特徴と捉えて良いでしょう

ドライミキサー車の買取について

ドライミキサー車とは? ドライミキサー車とは、生コンクリートを分離させないようにドラムを回しながら輸送するコンクリートミキサー車の一種です。 セメントと骨材のみをドラムに入れて搬送するドライミキサー車は、「積み込み設備はあっても、バーチャルプラントはない」という現場で使われることの多い車両です。 排出現場に到着したドライミキサー車は、タンク内に水を注入しながら生コンクリートを練り上げていく形となります。 近年ではアジテータやウェットミキサーといった種類が活況を見せてい

発電機トラックの買取事情

発電機トラックとは? 発電機トラックとは、その名の通り「発電機能を兼ね備えたトラック」の総称です。 近年では荷台に軽量の太陽電池モジュールを搭載したソーラートラックへの注目が高まっており、地球環境やエコを重視するアーティストのライブなどで多く活躍するようになりました。 発電機トラックの多くは2~4トンクラスの車両にウィング型の荷台太陽電池を搭載している形となるため、車検や寿命などの理由によって売却を検討するユーザの中には、「荷台に乗った発電機はどこに売るべきなのか?」と

横転したトラックでも買取できる?

横転トラックは買取可能? 強風に飛ばされて横転してしまったトラックでも、フレームに高い耐久性を備えた4トン以上の車種であれば、買取可能になるケースが非常に多いと言われています。 これに対して急スピードでクラッシュするなどの大きな修復歴であったり、小型トラックの横転の場合は、車両の安全性に繋がる「フレームの歪みが生じているかもしれない」という推測により、大きなマイナス査定になることがあるため、注意が必要です。 特に2~3トンの小型トラックや軽トラックは、フレームが柔らかい商用

古くなった建機の買取り方法 まとめ

古くなった建機を廃車にしていませんか? 建機の買取専門店が少ない日本国内では、「売却先が見つからない」という理由で多くの車両が廃車になっています。 また国内における建設機械需要は、レンタル機の活用へとシフトしてきているため、建機に対して「買う・売る」という基本的なことを行う業者の数も減少傾向にあるのです。 しかしそんな日本の建機は、世界各国から高い需要があります。 特に世界第二位の建設機械メーカーであるコマツや日立建機、キャタピラージャパン、三菱重工業などの建機は

ダンプカー 買取

一度に全ての積載物を降ろすことができるダンプカーは、土砂や固形産業廃棄物を運搬する際に威力を発揮します。港湾の埋立地や産業廃棄物処理場周辺で何台も連なって走行するダンプカーを見かけたことはあることでしょう。そのような現場では、1日に何百トンという土砂が発生しているため、数十台のダンプカーが行きかっていることも頻繁に見られます。また、産業廃棄物処理場へ廃棄物を運搬するのもダンプカーの仕事です。 ダンプカーが運搬するものは主に細かな固形物。土砂や廃棄物の他、飼料や木材チップなどの資源も

バルク車 買取

[出典:価格.com] バルク車とは、特殊車両の一つで事業目的で使用されている運搬車です。 目的としては、粉粒状の物を運ぶために使われています。 運搬するのは、粉粒体の物で、他の呼称はバルクローリーや、ホッパー車、バルク車、エア車などと呼ばれています。 架装部分のタンクがタンクローリーとも良く似ている事からバルクローリーと呼ぶ人もいるようです。 そんな特殊な車両のバルク車ですが、中古車を買取っている業者がいるようです。 このような特殊車両は、出回っている台数も少ないために、高

W(ダブル)キャブ 買取

[出典:Wikipedia] W(ダブル)キャブとは、トラックの客室が2列以上の車種の事を言います。 普通のトラックですと、客室のシートは1列で2、3人乗りとなっています。 ですが、ダブルキャブではシートが2列存在し、5、6人乗りとされています。 2ドアのものや4ドアのタイプで分かれています。 仕様に関しては、ほとんどが、小型トラックから4トンクラスです。 人が多く乗る事ができる事が、メリットとしてあげられますが、人がたくさん乗る分、 積載量が少なくなってしまう所がデメリッ

高所作業車 買取

高所作業車は、名前の通り、高い所で作業をする時に使われる車のことです。 主な利用場所は、電気工事、木の剪定といった、足場が確保できないような場所で使われる事がほとんどです。 仕事上、高所作業車が必要なお仕事の方もいますね。 新車を購入するとものすごい大金が必要になります。 このような特殊な車ですが、買取をしている会社もあるようです。 なので、このような特殊な車を買取っている会社を通して購入するのも一つの手です。 高所作業車のような特殊な車両というのは、査定が一般的ではないので

ユンボ 買取

[出典:Wikipedia] ユンボは、建設機械の油圧ショベルのことをいいます。 ユンボの呼び名は、フランスの建設機械メーカーの製品名でしたが、日本では、レンタル企業によって商標登録されています。ユンボの大きさは、車両重量によって小型油圧ショベルからそれ以上の普通タイプ、大型、超大型などとわけることができます。 操作するためには、免許講習を受けますが、小型の場合は、普通免許を持っていると比較的講習日数が少ないですが、普通、大型などの業務用の免許は所持する自動車免許によりますが、

フォークローダ 買取

[出典:価格.com] フォークローダとは、工事現場などで使われる、特殊自動車です。 車両の特徴として、一般的には二輪駆動となっていて、後輪操舵となっています。二輪駆動の他にも、四輪駆動になっているものもあります。後輪操舵の為に、前に進みながら曲がると、外輪差が起こります。 フォークローダとは、簡単に説明すると、ショベルローダーをパワーショベルにし、バケットではなくフォークにしたものです。特殊自動車のため、運転免許証できちんと対応されていないと、運転する事ができません。

油圧ショベルカー 買取

油圧ショベルカーの買取りならトラック買取.com! [出典:Wikipedia] 油圧ショベルカーとは、一般的に工事現場などでよく見られるショベルカーのことを指します。 別名ユンボやパワーショベルと呼ばれることもあります。建設機械や重機の中でも特に有名な部類に入り、 ほとんどの工事現場で見かけることができるのではないでしょうか。 油圧シャベルの多くはディーゼルエンジンを動力源としており、足はキャタピラでできているので、でこぼこな道でも楽々進むことが可能です。   サイズ

ブルドーザー 買取

[出典:Wikipedia] ブルドーザーとは、地面を削る、あるいは地面を盛るなどして、地面を整えることに使われる重機のことを指します。主に工事が始まる前に「土ならし」のため活用されることが多いです。 ブルドーザーの特徴は、トラクターの前面につけられたおおきな「ブレード」です。このブレードを使うことで、地面をらくらくと平らに整えることが可能なのです。 またブルドーザーも多くの種類が存在し、ブレードではなくバケットを装着した「ドーザーシャベル」、前後にブレードをそれぞれ装着した「

重機 買取

[出典:Wikipedia] 重機とは、クレーン車、フォークリフト、タイヤローラー、ブルドーザー、油圧ショベルなどといった、土木や建築に使われる機械のことを指します。 工事現場などで見かける機会が多いのは、油圧ショベル(ショベルカー)やクレーン車が多いと思います。人だけの力ではなかなか作業がしにくい場所や作業では、こういった機械が多く使用されています。機械の形や大きさも用途によってさまざまです。 有人の機械のみでなく、無人でコントロール可能な機械も年々増えてきています。公共事業

送迎バス 買取

[出典:Wikipedia] 送迎バスは、幼稚園、旅館、ホテル、自動車教習所、タクシー会社などで使われる小型のバスや最寄りの駅から催し会場まで客を運ぶときなどに使う大型のバスまであります。 実際に使用される車両では、10人乗り程度の小型のバンから11人乗り以上のマイクロバス、大きなものではフルサイズのバスがあります。 中古の車両は、送迎に使っていたバスですから、年数も経っていて走行距離も伸びている車両が多いと思います。 10人乗り以下のバンタイプは、年式、走行距離によりますが

積載車 買取

[出典:Wikipedia] 積載車は、キャリアカーとも呼ばれる車両運搬車のことです。 積載車で運ぶことのできる車両は、軽自動車から小型トラック程度までで、一台だけ運搬するタイプと複数台(6台から8台まで)を運搬するタイプがあります。 荷台に一台だけ積むことのできる積載車は、2トンクラスのワイドキャビン、ロングホイールベースのトラックを利用している事が多く、積載車としては、個人から自動車整備工場、陸運業者などに幅広く利用されています。 車両の積み下ろしは、荷台を傾けるか、移動

幌車 買取

[出典:Wikipedia] トラックの荷台に金属の枠を取り付けて、そこに綿や化学繊維でできた帆布を被せたものが幌車です。 一般には、後部のみ開閉しますが、側面も開閉できるものもあり、折りたたみができるものもあります。 平ボディーの荷台に架装することが普通でしたが、今では、アルミバン、アルミウイングなどに取って代わられています。 現在、荷台を幌で架装するトラックは軽トラックが多く、その架装費用も10万円以下でアルミバンなどより安くできます。 幌付きのトラックは、平ボディーに架装

平ボディートラック 買取

[出典:Wikipedia] 平ボディートラックは、どこでも見られる普通のトラックです。 大きさによって、軽トラック、1トンから2トン、2トンから4トン、5トン8トン、それ以上の大型に分けられます。 キャビン(乗車員居室)も普通のものから、ショート、ワイド、乗車定員の多いダブルキャビンなどがあります。 また、荷台の大きさも普通のタイプとロングタイプなどがあります。 買い取りの価格は、最大積載量、年式、走行距離、メーカー、グレード、車両の状態によって大きく変わってきます。 軽ト

ミキサー車 買取

[出典:Wikipedia] ミキサー車は、トラックの荷台部分に大きな回転するドラムを装備した移動できるコンクリートミキサーです。 この車種は、ミキサー車、生コン車、特に土木建築業界ではアジテータなどとよばれています。厳密にはミキサー車とアジテータは異なるようですが、一般には同じ車種としてとらえられています。 ミキサー車は、ドラムの中にコンクリートと水、その他骨材をつめて走行中攪拌しながら現場にいきます。荷台部分には、フレームに支えられたドラムの他にもホッパと呼ばれるセメントな

マイクロバス 買取

[出典:Wikipedia] マイクロバスは、積載量が5トン未満、乗車定員が11名から29名の中型のバスです。 小さいものでは、トヨタのハイエースコミューターの15人乗りから大きなものでは、同じトヨタのコースターの20人から29人乗りまであります。他のメーカーでも日産自動車、いすゞ、日野自動車、三菱自動車などで発売しています。 用途としては、ホテルや旅館、自動車教習所などの送迎用、過疎地などの路線バス、乗合タクシー、キャンピングカーへの改造などがあります。 中古車のマイク

フォークリフト 買取

フォークリフトの買取りならトラック買取.com! [出典:Wikipedia] フォークリフトは、運転席の前方に荷物を上下に移動させるフォークとそれを支えるマストがついた車両で、道路以外の工場内、倉庫などで使われます。 資格は、講習を受けることで比較的簡単に取れます。 動力源は、バッテリーを使った電気モーターのものが多くかなり年式が古いものでも、この形式のものがあります。 また、エンジンを使ったものもありますが室内の作業では敬遠されるようです。小型のものが良く見られますが、40

トレーラー・トラクター 買取

[出典:Wikipedia] トレーラー・トラクターは、運転席を含む牽引する部分(トラクター部分)と荷台にあたる牽引されるトレーラー部分に分けることができます。 道路を走っているのが見られるものでは、セミトレーラーとフルトレーラーが多いです。 セミトレーラーは、牽引するトラクターと荷台にあたるトレーラーがつながったもので、トラクターには荷台がなくトレーラーには前輪にあたるものがありません。連結する事で、トラクターの後輪がトレーラーの前輪の役目をします。一般に良く見られるものがこのタ

ダンプカー トラック 買取

ダンプカーのトラック買取りならトラック買取.com! [出典:Wikipedia] ダンプカーは、荷台が傾けられる構造をしていて土砂などの積載物を荷台を傾けることで一度に下ろすことができるトラックの事です。 大きさは、軽自動車のトラックを改造した300kg台の積載重量のものから、 積載重量2トンから4トンクラスの小型ダンプ、5トンら8トンの中型ダンプ、最大のものでは、10トンの大型ダンプがあります。 上記は道路を走行するタイプのダンプカーですが、道路を走ることのない鉱山など

タンク車 買取

[出典:Wikipedia] タンク車は、タンクローリーとも呼ばれる荷台に液体などをつめるタンクが装着されているトラックをいいます。 タンクの形状は、タンクの中につめる物質によって異なります。 一般には、断面が横長の楕円型をした円筒型をしているものが多いです。 気体をつめる場合は、断面が円形のタンクを使用します。 タンクで輸送する物質は、石油系のガソリン、軽油、灯油などの液体の危険物が多いです。 その他では、飲料水、牛乳などの飲料、LNGなどの高圧気体などがあります。

クレーン車 買取

[出典:Wikipedia] クレーン車は、普通のトラックの荷台の一部分に小型のクレーンを装着したもの、トラックの荷台全てがクレーンのものがあります。 その他にもクレーンにタイヤのついた車、移動にはトラックなどの荷台に積んで行うキャタピラついたものなどがあります。 トラックの荷台にクレーンがついたものは、荷物の積み下ろしのときに使用することがほとんどです。 その他のクレーン専門のものでは、その用途によってたくさんの種類があります。 クレーン専門のものでは、発売時の価格が吊り上げ

アルミバン トラック 買取

[出典:Wikipedia] トラックの荷台部分がアルミ製のボックスタイプに架装されたものを、アルミバントラックと言います。 アルミバンは、後方部分だけが開くタイプのものをさすことが多く、左右も開くアルミウイングとは分けられます。 後部開口部には荷物の積み下ろしのときの利便性を考えて、リフトがついていることが多いようです。 このリフトは用途によって数種類があります。 単純な引き出しリフトからペットリフト、フリーチルトリフト、オートレベルリフト、フォルダリフトスライドフォルダリフ

パッカー車 買取

[出典:Wikipedia] パッカー車は、別名ごみぐるま、塵芥車などとよばれるゴミの収集のことです。 後部の入り口にゴミを放り込むと機械的にそのゴミを内部に押し込んで圧縮し容積を小さくするというシステムを持った荷台を持っています。 良く見かける車両は、2トン車を利用したもので、実質の最大積載量は1.5トン程度といわれています。 ゴミの収集以外では、古紙回収業者のダンボール、古新聞の回収や庭園業での剪定したあとの小枝や葉、 草などの運搬に使われるます。ただし、この場合は、使用目

冷蔵車 買取

[出典:価格.com] 冷蔵車は、冷凍者と同じくトラックの荷台に冷蔵装置付きのコンテナを搭載したものです。 冷凍車との違いは、主に庫内温度でマイナス1、2度からプラス数度までのもので、加湿機能などが付いたものもあります。 また、大型のコンテナでは、冷凍から冷蔵まで数段階に庫内を分割したコンテナもあります。 買取価格は、冷蔵車とあまり変わりないようです。 小型のものでは、軽自動車の冷蔵車が珍しく、ダイハツのハイジェットトラック、バンの荷台に冷蔵コンテナを備えたものがあります。

冷凍車 買取

冷凍車は、トラックの荷台にコンプレッサーやコンデンサなどの冷蔵装置が付属したコンテナを装備したものです。 冷蔵温度や湿度などの条件によっていろいろな仕様のものがあります。 例えば、アイスクリームや冷凍食品を輸送する庫内温度がマイナス15度以下のものから生鮮野菜や生鮮肉魚介類などを輸送するための庫内温度がマイナス2度からプラス5度のもまでそろっています。 買取価格は、比較的年式の新しい走行距離が10万キロから20万キロ程度のもので、200万円から300万円前後、10年落ち程度の走

アームロール車 買取

[出典:価格.com] アームロール車とは、トラックの荷台に積むコンテナをトラックの動力で脱着することができるシステムを装着しているトラック全般のことをいいます。 また、ダンプ機能が付いていることが一般的です。 主な用途としては、ごみ収集や運搬、産業廃棄物の運搬、液体や粉体の輸送、建築廃材輸送、畜産農業での輸送、一般の輸送などがあります。 例えば、ゴミを集積したコンテナをゴミ処理業者の中型アームロール車が脱着しているところは、良く見られることと思います。 中古トラックの買取価格は、

ユニック車 買取

ユニック車のトラック買取りならトラック買取.com! [出典:Wikipedia] ユニック車とは、トラックの荷台にクレーンが付いたものをいいます。 クレーンは、運転席の後ろに装着することが多く、荷台前部の一部を切り取りクレーンを装着するタイプや荷台の前部に装着するものなどがあります。 特に、土木建築業の現場での資材の積み下ろしや庭園業などでの石や樹木の積み下ろし、廃棄物処理業などでも使用されています。 買取価格は、小型トラックで年式の新しい、走行距離が10万キロ前後の状態

ウイング車 買取

[出典:Wikipedia] ウイング車の買取について 中型トラックに分類されるウイング車。車種や走行距離、年式によって買取額は変動します。 平均的な買取金額の相場は100万円から300万円となっています。 積載効率が高く、荷物を運ぶことに優れていますので、買取需要も多いと言えるでしょう。 ウイング車を売却するなら知っておくべきポイント トラック専門の買取業者は多いです。しかし普通自動車やバイクを扱っている会社と比べた場合、知名度にやや難があります。つまり悪徳に使い業

あなたのトラックも最高値で売ろう

一括査定スタート

ページトップへ戻る

売却しようとお考えのそのトラック。様々な買取業者に見積もりを取っていますか?同じトラックであっても買取業者によって買取金額は驚くほど違うことをご存知でしょうか。1社だけにお願いするのではなく、比較検討したことにより60万円も高く売れたなんてことも頻繁にあります。 少しでも高く売りたいとお考えの方はとっても便利な『トラック買取一括見積もり!』をご利用下さい。当サイトが厳選した、 安心できる買取業者のみから見積もり比較ができます。

複数の買取業者に査定依頼することが高額査定の決め手!!

トラック買取の専門業者に売却するのが安心安全確実です

海外への独自売却ルートがあるため高額買取が可能。

海外は日本の技術が優れている事を知っています。どのような状態(走行距離が長い、年式が古い等)であっても高値で買い取ってくれれます。
そのため高値で売りたいなら海外がオススメです。日本車は最も人気がある車ですから、その中でも発展途上国は需要がある為トラックを必要としています。 勿論、国内での買取もありますが、海外ルート等がある独自のルートが確立されたトラック買取業者なら高額査定も夢ではないでしょう。

即日現金払いが当たり前。

当サイトと提携している業者の殆が即日現金払いと掲げています。直ぐに現金が欲しい方も多いかと思いますが、即日現金払いをしてくれることで、新車のトラックを購入する際の大切な資金にもなりますよ。また、買取をお願いした後だと本当に振り込まれるか不安といった方でも安心できるサービスです。
もちろん、廃車寸前のトラックでも買い取ってくれるので気になる方はまず支払い方法を聞いてみるようにしましょう。

面倒な各種手続きも素早く対応。

手続きと言うと委任状や譲渡証明書、印鑑証明書等の複数の書類が必要になります。売れてもそれだけは、面倒だと誰でも思うでしょう。
しかし、殆どの業者はこの面倒な手続きを代行してくれるから安心です。勿論、手続きの際の書類を準備する必要はありますが、 それだけで手続きを行ってくれるならその負担は軽いものです。分からない事があっても丁寧に詳しく教えてくれるので安心です。

一括査定スタート

ページトップへ戻る

当サイトをおすすめする理由

トラック買取 一括査定・見積もり比較なら、簡単な項目を入力するだけであなたの中古トラックを一括で複数の会社から買取価格を比較ができてしまいます。インターネットならでは、24時間いつでもあなたの空いた時間に最速たったの1分の入力でOK!

トラック買取 一括査定・見積もり比較を利用すれば一回の入力で同時に複数の買取業者からあなたのトラックの査定の依頼を行えます。あとは各社の査定額を比較して、一番高い買取会社を選ぶだけ!入力後すぐに概算の最高額も分かります!

トラック買取 一括査定・見積もり比較は、誰もが知ってる有名一流買取業者から全国から厳選したこだわり派も納得の専門業者まで、幅広くトラックの査定額を見積もることができるので、初めてで不安なあなたも安心して中古トラックを買取に出すことができます。

安心のトラック買取実績

あなたのトラックも最高値で売ろう

一括査定スタート

ページトップへ戻る

ご利用の流れ

トラック・重機の形状一覧

トラックの車名一覧

トラック買取依頼する前に

トラックの運行管理における重要性

トラックの運行管理とは? トラックの運行管理は、過積載と過労運転の防止を目的とした事業者、運行管理者、乗務員、運転者に義務付けられた基本項目です。 ・・・


日本国内におけるトラックの寿命とは?

長距離トラックの寿命は10年 NOX規制の影響により、現在のトラックは10年が安全走行の限界値と考えられるようになりました。 そんなトラックの走・・・


トラック協会に加入するメリット

各種助成制度 トラック協会に加入すると、トラックの安全運行に欠かせないさまざまな助成が受けられます。 特に交通対策に力を入れているトラック協会で・・・


クレーンの年次点検記録 書き方ガイド

クレーンには自主検査が欠かせない 工場や工事現場などでクレーンを使っている業者は、整備不良による災害トラブルを未然に防ぐために、月次と年次で点検記録簿を使・・・


トラック関連の面白コンテンツ

トラックドライバーの眠気対策!話題のウェアラブル端末って何?

最新の眠気解消グッズ!話題のウェアラブル端末とは? メガネやリストバンド、腕時計などによってハイテク機器を身に着けることを「ウェアラブル端末」と呼んで・・・


トラガールが東京オリンピックの物流を引っ張る!

東京オリンピックに向けて増殖!トラガールとは? トラガールとは、女性トラックドライバーの愛称で、「トラガール促進プロジェクト」というサイトが国土交通省・・・


シガーソケットで使える車内掃除機!おすすめ4選!

車内掃除機(カークリーナー) 長距離走行の多いトラックは、乗用車以上に室内が汚れています。 このページでは、シガーソケット接続で使える便利な車・・・


トラックのナビにも使える!便利なiOSマップアプリをご紹介!

トラックドライバーおすすめ!マップ系アプリ3選 スマートフォンアプリが進化した現在では、カーナビを購入せずにアプリで代用する方々が増えてきています。 ・・・


一括査定スタート

ページトップへ戻る